喉のつまり感。呼吸が浅く息苦しさを感じる、そんな首のコリに。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

  • 喉になにかつまったような感じがする
  • 呼吸が浅く、息苦しさを感じる

特に喉に病気があるわけでもないのに、こんな症状のある方。もしかして首が凝って固くなっていませんか?

首は重たい頭を毎日支えている働き者ですが、さほど意識しないため、気がつくと首の筋肉に疲労がたまり、ガチガチに固くなってしまうことがあります。

首のこりと喉のつまり感、呼吸のしづらさの関係を知って、自分にあった適切な方法で症状をラクにしましょう。

首の構造と働き

頭の重さは体重の約10%。体重50キロならなんと5キロ、大体スイカのMサイズ一つ分、もしくは女性用ボウリングボール(11ポンド)ぐらいあります。それを毎日、下から支えるのが首の骨と筋肉です。首は7つの骨(頚椎)が積み重なっていますが、頭蓋骨や頚椎同士を強力な靭帯や筋肉でしっかり支えているので、少しの動きでもバランスを崩さず、自由に動くようになっています。

また、頭をしっかり支えるために頚椎から肋骨に付く筋肉も有ります。一言で首と言えども、小さな筋肉が幾重にも重なり、絶妙に協調して姿勢を保っているのです。

首には骨と筋肉以外に、空気を取り込む気管、食物を流す食道、神経、血管、リンパ管、脂肪層といった様々な内臓や脈管があります。

骨を中心に、身体の全面に食道・気道、左右に脈管があり、それらの周囲を筋肉や脂肪が覆う形で首は構成されています。(首の後面側につく筋肉が多いです)

首の筋肉が凝って固くなるとどうなるの

頭を支える筋肉は首の前後左右にあります。筋肉の疲れが抜けず固くコリ始めると、筋肉のついている骨と骨の間が縮むため動きが悪くなります。また、締め付けることで、柔らかい気管を押さえつけてしまいます。

特に、喉の前面にも筋肉でぶら下がった舌骨という骨があり、筋肉が凝ると動きが悪くなります。

つまり、何らかの理由で首の筋肉が凝り、のどの気管が少し圧迫されることで、つまり感や息苦しさを感じているのです。

中医学ではストレスなどでのどがつかえた感じを梅の核(種)が詰まったように感じるという意味の、「梅核気(ばいかくき・ばいかっけ)」と呼びます。人がストレスで肩や首が凝って喉につまり感が出るのは、昔から共通なんですね

空気を吸えないくて息苦しいと精神的にも落ち着けないです。

自分でできるセルフケア

首の筋肉は毎日意識せずとも姿勢を保つ、働き者の筋肉です。仕事やなにかに集中していると、気づかないうちに酷使しているものです。休憩をとり体勢を変えるほか、気持ちいいレベルのセルフケアでこまめにリフレッシュしてください。

自分でできるセルフケアは、まず首のコリを少しずつほぐすこと。手軽なストレッチやマッサージのほか、誰かの協力を得てお灸をするのがオススメです。また、身体だけではなくストレス過剰な状態を改善するなど、精神的な面もケアする必要があります。

注意事項
  • ストレッチやマッサージはご自身の体調をよく見て自己責任のもと、無理のない範囲で行ってください。
  • 痛みがあるときは行わないでください。
  • 首に疾患のある人(ヘルニアやムチウチなど)の方は、かかりつけ医に相談してから始めましょう。

8方向の首ストレッチ

正面を向いた状態から、頭を前後左右、それらの間の計8方向に向かって傾けて、首の筋肉をじんわり伸ばします。頭を傾けたら上に手を置いて、各方向に10秒ほど行いましょう。

ポイントは、片方の手の重みだけをかけること。押す・引くといった力を加えずに、手の重み(けっこう重いですよ)だけで、じわ〜〜と筋肉が伸びるのを感じてください。

4方向の頭反発ストレッチ

正面を向いた状態で姿勢を正して座り、右手で頭を右から押します。顔は正面を向いたままで、頭で反発するように、約10秒ほど押し合いっこをしましょう。それを、前後左右の4箇所から行います。前後から押す場合は指を組み合わせて両手で押すとやりやすいです。

マッサージ

親指を耳の後ろの骨の出っ張りに合わせ、骨に沿って気持ちいい強さで押します。この部分には、頭を首とつなぐ小さな筋肉が集まっています。

目をよく使う人(PC作業やスマホなどもです)は、ここに常に力を入れて視界を保持しているため、ガチガチにこってしまうことがあります。集中も大事ですが、休憩時間にはできるだけ動かしてリラックスしましょう

当院で行う治療

首の筋肉は厚く強いため、表層の筋肉からマッサージだけでは届かない奥の筋肉まで一気に刺激する鍼が効果的です。上図の首の筋肉図にあるように、首の頭の付け根にしっかりと鍼をして重なった筋肉を一気に刺激。コリがやわらかくほぐれ、重たかった首周りがすっきりします。

もちろん後ろだけでなく、横や状態によっては前の筋肉に鍼をすることもありますが、抵抗感がある場合は鍼以外での対応もできますのでお知らせください。

首の固さがとれると頭部へ流れる血流が改善されるため、顔のむくみや血色だけでなく、気分もすっきりします。ぜひ一度おためしください!

 

ストレスや過労で首が凝ると、イライラしたりやる気がでなくなったり、身体にとって良いことはありません。自分にあった方法で、首のコリは早めに解消してくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© おがわ鍼灸院 , 2018 All Rights Reserved.